アジアでも留学は出来る?【今人気のフィリピン留学の特徴】

留学

こんにちは、Takumaです。

今回はフィリピン留学の特徴というテーマについて書いていきます。

フィリピンの概要

f:id:Stewart1990:20190817144626j:image

フィリピンは東南アジアに位置しており、約7,000以上の島々を領有している島国になります。

歴史的な背景では、元々スペインやアメリカの植民地だったため、今でも建造物や食文化などの名残が各地域で色濃く残っています。

また、フィリピンでの第一言語はタガログ語になりますが、こう言った背景から第二言語として英語が設定されており、幼少期から当たり前のように学校で英語教育が導入されています。

国内で有名な都市としては、首都のマニラが経済の中心地、セブ島が観光地としてよく日本でも認知をされており、現在ではビジネスや留学、観光に至るまで幅広いニーズがある注目の国の一つになっています。

フィリピン留学について

f:id:Stewart1990:20190817144631j:image

フィリピン留学は元々は韓国で一般的な留学方法でしたが、ここ10年弱くらいで日本でも人気の留学プログラムの一つとして取り入れられるようになりました。

前述でも記載した通り、フィリピンでは第二言語として英語が設定されているため、フィリピン人講師の英語力がネイティブレベルな事はもちろん、お店やホテルなどの主要地では一般的に使われています。

ですので、単に学校で英語を学ぶだけでなく、校外においても実践的なアウトプットの場として活用することが出来ます。

フィリピン留学の特徴

欧米に比べて留学費が安い

f:id:Stewart1990:20190817144752j:image

留学を決める上で、費用の問題は一番悩ましい事案になるかと思います。

ですが、フィリピン留学では一般的に一ヵ月当たりの留学費は欧米留学の1/2から1/3程に抑えることが出来ます。

これはフィリピンの物価自体が日本の約1/3程となっており、それに合わせた価格帯で設定をされているためです。

また、フィリピン留学の特徴として挙げられるのが、留学費に宿泊費と食費が含まれている点です。

そのため学費だけでなく、生活費の面でも費用を抑えることが出来ます。

住まいは学生寮

f:id:Stewart1990:20190817151457j:image

欧米留学ではホームステイが一般的な滞在方法であるのに対し、フィリピン留学では学生寮での滞在が基本となります。

各学校やコースによって内情は少し異なりますが、基本的には他のスクールメイトと一緒に一つの部屋をシェアする共同生活になります。

そのため、学生同士の距離は生活を通してグッと近くなり、他国籍の学生とであれば、英語を通じての異文化交流を行うことが出来ます。

また炊事の面では、食事の準備や掃除、洗濯は寮のスタッフにして頂けるので、初めて実家を離れる方や海外生活初心者の方も安心して留学生活を送れます。

一日当たりの授業時間が長い

f:id:Stewart1990:20190817151728j:image

欧米留学では一日当たりの授業時間が4~5時間程度に対し、フィリピン留学では平均的に8時間程度のレッスンカリキュラムが一般的です。

私が通っていた語学学校も、朝は7時半から始まり、朝食と昼食を挟んで17半頃までレッスンを実施していました。

また、スパルタ校と呼ばれる厳しい校則が特徴的な学校では、夜間のクラスも実施をしているところもあり、12時間近くまで授業時間が設定されている事も珍しくありません。

ですので、学校に通うというよりも平日は英語漬けの合宿を行っているとイメージして頂ければと良いのかなと思います。

少人数制、マンツーマンレッスンの実施

f:id:Stewart1990:20190817151916j:image

授業時間が長いだけでなく、レッスンのスタイルも欧米とは違ってきます。

欧米留学では15名程のグループレッスンが主流となっているのに対し、フィリピン留学では5名前後のグループレッスンとマンツーマンレッスンが一般的です。

特に日本人はレッスンや大人数の場となるとどうしても内気になり、能動的になれなくなる傾向がありますが、フィリピン留学では講師と生徒の距離感が近い環境となりますので、生徒に寄り添った学習効果の高いレッスンを受講することが出来ます。

日本人の留学生が多い

f:id:Stewart1990:20190817152442j:image

学校の在籍性の国際比率によって差はありますが、ほとんどの学校では日本人は韓国人に次いで第二位の生徒数を誇ります。

冒頭でも説明した通り、日本人のフィリピン留学者は年々増加傾向にあり、従来の韓国資本の学校だけでなく、日本人向けの英語教育に特化した日本人経営の学校や多国籍の生徒が在籍する学校など、様々なタイプの語学学校があります。

日本人が多い点は賛否両論あるかと思いますが、個人的には授業時間外はお互いのいろいろな事を話して交友関係を深め、留学後も付き合っていける友達を作る良い機会だと思います。

また、何かと悩みやストレスを抱えがちになる海外生活において、同じ日本人がいる環境は心の支えにもなります。

ワーキングホリデー前に基礎英語力を高められる

f:id:Stewart1990:20190817152603j:image

1週間の短期留学から1年間の長期留学に至るまで、様々な目的でフィリピン留学を選ばれる方が多いですが、その中でも人気なプランがフィリピンと欧米国の二ヵ国留学です。

特にワーキングホリデーで欧米国に留学される予定のある方は、高い英語力を持った状態で行くと、現地での活動範囲や環境が大きく変わってきます。

学校であれば、ヨーロッパや南米などの高い英語力を持った留学生と同じクラスに入ることが出来、仕事探しでは現地の方に囲まれたローカル環境での仕事に就ける可能性が高まるといった感じです。

こう言った背景から、フィリピンでしっかりと留学する方だけでなく、その後の欧米留学を見据えた英語力の基礎固めやブラッシュアップを目的にフィリピン留学を選ばれている方も増えています。

リゾート地でのサマーアクティビティの充実

f:id:Stewart1990:20190817152737j:image

フィリピンといえば、リゾート地で有名なセブ島があるように、休日にはツアーやアクティビティに参加してリゾート気分を満喫することも出来ます。

例えばジンベイザメと一緒に泳いだり、スキューバダイビングやシュノーケリングに参加する体験など、日本でもあまり出来ない経験をすることが出来ます。

ちなみに、私のように海に入ることが苦手な方であれば、1,000円以下で映画を見たり、マッサージを受けることも出来るので、フィリピンならではの体験をいろいろとしてみるのも良いかと思います。

まとめ

留学と言えば、真っ先にアメリカやイギリスなどの欧米留学をなどのイメージする事が多いかと思いますが、近年ではフィリピンを中心としたアジア留学の人気も高まってきています。

しかし、英語が第一言語ではない国での留学ってどうなの?と心配される方も多いかといますが、世界の英語人口の約15億人に対し、英語を第一言語として使っているネイティブスピーカーの割合は3.8億人程度と、4人に3人が非ネイティブスピーカーである事が文部科学省からも発表されています。

つまり、世界で通じる英語を身に着けるのに、必ずしも欧米への留学は必要では無いことが分かります。

もちろん語学の取得だけが留学の目的ではありませんので、ご自身の目的や優先順位を改めて再確認することで、留学に対する選択肢の幅を広げて頂ければ幸いです

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました