【もう迷わない】香港国際空港から尖沙咀までの行き方

海外旅行

こんにちは、Takumaです。

今回は昨年に旅をした香港について書いていきます。

 

香港について

国土面積が東京の半分ほどの小さな国ですが、その分高層ビルが至る所に立ち並ぶ世界屈指の経済都市です。
第一言語としては広東語が一般的に使われていますが、第二言語の英語も観光地を中心に問題なく使う事ができます。
通貨は香港ドルで、私が換金をした2019年4月30日段階のレートで1ドル=15.5円ほどでした。
季節は東南アジア程ではないですが温暖で、5月の気候では半袖Tシャツに薄手の長袖のカーディガンやシャツがあれば問題無かったです。
Free Wifiは駅やショッピングモール、ホテルやカフェなど至る所にありますが、今回は福岡空港でグローバルWifi https://townwifi.com/receive/fukuoka/
をレンタルして使っていました。使ってみて、やはり何だかんだ海外旅行にポケットWifiは必需だと感じました。
私の住まいの福岡からは飛行機で3時間半(直通の場合)と、比較的に短時間で行くことが出来、午前の便であれば昼過ぎには着くことが出来るのでありがたいですね!
ちなみに今回は香港エクスプレスhttps://www.hkexpress.com/ja/
を使って行きました。

香港国際空港から尖沙咀までの行き方

空港に着いてまず悩むのが市街地までの行き方。
行き方としては列車、バス、タクシーといろいろありますが、ここでは、私が実際に使った方法をご紹介します。

香港エアポートエクスプレスに乗る

到着ロビーに着くとこのような案内があり、奥にあるカウンターで切符を買います。

最終目的地の駅によって降りる駅が変わりますが、私は尖沙咀(チムサーチョイ)にホテルを予約をしていたので、九龍(カオルーン)までの切符を購入しました。金額は100ドル弱くらいでした。

電車は15分間隔毎に来るので、待っていればすぐに次の列車が来ます。

列車の中はとてもきれいでエアコンがかなり効いてて快適でした。

寒いのが少し苦手な方は薄手の長袖の服を着られる事をお勧めします。

そして列車に揺られること25分程で九龍駅に到着します。

 無料のシャトルバスに乗る

九龍駅に着いたら、こんな案内板があります。

これに従って歩いていくと、イスが並んだバスの待合室のような所に着きますので、ここでバスの行き先確認をします。

見えづらいと思いますが、こんな感じの近隣のホテルへの無料のシャトルバスの道順が書いてある張り紙があるので、ご予約をされているホテルがある方はこちらに従って、バスに乗って下さい。(記載されているホテルはグレードが高めのホテルのみになっています)

ちなみに私が予約をしたホテルは載ってなかったので、ホテルの住所を調べて最寄まで行ってくれるK5のバスに乗りました。

そこからホテル名は忘れましたが、15分くらい乗って尖沙咀駅近くで下車しました。

ちなみにこのシャトルバスも15分毎に運行をしているので、待ち時間もそんなに掛からないです!

 

まとめ

今回はエアポートエクスプレスを使って空港から尖沙咀までの行き方について書きましたが、香港島方面にホテルを取られている方は九龍から1つ先の香港まで行かれて、そこから同じようにシャトルバスを使われる事をお勧めします。

また、その他の場所に行かれる方については、エアポートエクスプレスの停車駅からMTR(地下鉄)やバスに乗り換えて行くことが出来ます。

空港から市街地への移動手段としては金額的にはバスが一番安いですが、旅行時間の少ない方や早めに移動されたい方はエアポートエクスプレスでの移動がオススメです!

これから香港に旅行に行かれる方は、是非ご参考にしてみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました