【人生の選択肢】留学をするべきかどうか

留学

こんにちは、Takumaです。

今回は留学をするべきかどうか?というテーマで書いていきます。

 

留学する理由を明確に

いきなりですが、結論としてこれが全てだと思います。
留学をする上でいろいろな目的があると思いますが、この軸がしっかり設定できていないと、実際に行ったとしても価値が半減するでしょう。
私の場合は
①イギリス一人旅で自分の人間力の無さに涙

②20代のうちに長期で海外滞在する事を決意

③海外への一歩を踏み出す人をサポートしていく仕事に就きたい

④新卒3年目にカナダワーホリ決意のため退職

ざっくり言うと、このような流れで留学を決めましたが、この中でポイントになってくるのは下記3つになります。

 

過去の経験からの目標の掘り下げ

先ほどの例について話していくと、①のイギリス一人旅で自分の人間力の無さに涙が過去の経験の根源になります。
この①の間の部分をさらに掘り下げていきます
・ホストファミリーやお店の人との会話が成り立たない
・毎日の時間を過ごす事が億劫になる
・コツコツ貯金してきた分を投資したのに、何故こんな思いをしなきゃいけないのか
当時は誰かと話す際、英語力が無いのはもちろんのこと、どうにかコミュニケーションを取ろうという能力も低く、毎日ビクビクしていました。

しかし帰国後、この経験を基に小さな目標が出来ました。
・ホストファミリーやお店の人との会話が成り立たない→今度はちゃんと会話を成立させたい!
・毎日の時間を過ごす事が億劫になる→今度は毎日ワクワク過ごしたい!
・コツコツ貯金してきた分を投資したのに、何故こんな思いをしなきゃいけないのか→投資した以上に価値ある経験をする!
この経験があったからこそ、長期留学に挑戦という目標を設定出来ました。

しかしこの話を聞くと、「海外一人旅のような冒険的な事をしなくちゃいけない」「そんな大きなきっかけなんてない」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな事はありません。
大事なことは 何があなたを留学に興味を持たせたか という事です。
海外ドラマやスポーツの国際大会の中継を見て、もしかしたら街中でたまた外国人の方に道を聞かれたことがきっかけかもしれません。

まずは過去の自分の記憶を掘り起こして、きっかけを思い出してください!

 

留学するメリットを考える

目標の掘り下げが出来たら、続いては留学をする上でのメリットを考えてきます。
この部分は言い換えると、掘り起こした目標から今後の人生を考える事になります。
先ほどの例について話していくと、③の海外への一歩を踏み出す人をサポートしていく仕事に就きたいという部分が私にとっての大きなメリットです。
帰国後は希望通り、留学カウンセラー、語学プログラムの法人営業といった仕事に就き、これから一人でも多くの人に海外に出る事を人生の選択肢の一つにしてもらいたいと奮闘しています。

しかしこの話を聞くと、「まだ具体的に将来就きたい仕事が決まっていないからやっぱり止めとこう」「英語力も無いし海外旅行すら行った事ないから何も出来ない」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな事はありません。
大事なことは どれだけの夢を描けるか という事です。
もちろん今後の人生を具体的にイメージ出来るに越したことはありませんが、そうでなくても現地でやりたい事があったり、単純に現地の言語を話せるようになりたいでも大丈夫です。
そこから派生をして行って、1つでも多くのやりたい事を描き、それを段階的に達成をして行けばその人にとっては価値ある留学になるからです。

例えば私の場合は
・英語を使って現地で働いてみたい
・外国人の友人を20人以上作りたい
・現地の日本語学習者に日本語を教えたい
・ニューヨークを旅をしたい
・ボランティアをしたい
・帰国後に留学カウンセラーになりたい

こんな感じで考えていました。
また、すでに留学する上での目標がある程度設定されている方であれば、さらに深堀をして現地での行動計画を見直すのも良いでしょう。

留学をする上でやりたい事、こうなったら良いなをどんどん描いて行きましょう!

 

実際に行動する

ここまで留学を決意するまでの事を書いていましたが、最後に必要になるのが 行動力 です。
これから留学を考えている方の中には、学生の方もいらっしゃれば社会人の方もいらっしゃるでしょう。
それぞれが現状で行ってきた事を一旦ストップし、今後の自分の人生をより良くするために大きな時間とお金を投資することになるため、実際に行動するまでに様々な障害にぶつかります。
ですが、あなたがありありと描いた留学の目的が価値あるものと判断出来れば、是非挑戦をしてみてください!

 

まとめ

今回は留学を決意する上での心構えや考え方について中心的に書いてきました。
もちろん留学の中でも大学編入や専門学校、ワーキングホリデーや短期留学など様々な形態がありますが、何を選ぶにしても 留学をする理由を明確 にするとより価値のある留学生活になります。
是非、これから留学を人生の選択肢の一つとして考えてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました