Takumaの説明書

当メディアにお越し頂き、ありがとうございます。

これから簡単な自己紹介をしていきます。どうぞご覧下さい。

プロフィール

・1990年11月6日生まれ 29歳

・福岡県出身、福岡市在住

・趣味…旅行、ジム通い、英会話、読書、温泉

・最近がんばってる事…お箸の持ち方改善、ペーパードライバー脱却、身体の柔軟性の追求

 

経歴

・大学卒業後に新卒で大手小売業のグループ会社に入社

・2年後にフィリピン留学→カナダワーホリで1年弱の海外生活

・帰国後に外資系の留学会社で留学カウンセラー

・現在は大手教育会社で企業や教育機関向けの英会話講師の派遣営業を担当

 

初めての海外生活で起きた価値観の変貌

人間は人生の中で3回は大きな人生の転機があると言われていますが、私の場合は間違いなくイギリスでの1ヶ月の旅でした。

大学卒業前に1ヶ月間、初海外旅行として1人でイギリスのチェルトナムという田舎町にホームステイしていました。英語専攻でもなく、ましてや高校卒業以来まともに勉強をしていなかったので、現地人とのコミュニケーションは90%以上理解不可。それに加えて、根っからのビビりで何をするにしても慎重になり過ぎてストレス過多が進み、滞在2週間目には完全なホームシックになっていました。

そんな日々が過ぎて行った滞在最終日のバスの中、自分の中に今までに無かった感情が生まれました。

 

「悔しい!!!!!( ゚Д゚)」

 

それまでの人生で悔しさを感じる事はもちろんありましたが、自分で貯金をしてきたお金と大学生活の貴重な時間を費やして挑戦したにも関わらず、こんなに無力感を感じた自分を悲しく思いました。

ですが、それと同時に絶対にもう1度海外で生活をして、もっと色々な事に挑戦出来るようになりたいと思うようになり、新卒で入社した会社を2年後に退職し、フィリピン留学→カナダワーホリを決行しました。

この経験が無ければ、”失敗からの挑戦” を知らずに今も生き続けていたんじゃないかと思います。

詳しくは【人生第2章の幕開け】チェルトナムってどこ?で書いているので、もしよろしければご覧頂ければと思います。

 

海外生活で学んだこと

1年弱の海外生活や趣味になった海外旅を通して、”1人でも多くの人の人生に海外を身近に” が私の人生の1つのテーマになりました。これは何も英語を使ってバンバン仕事が出来るようになったり、世界一周を目指そうとういう物ではなく、人生の選択肢の中に海外に関わる事を入れて欲しいという意味合いがあります。

例えば

・英語が話せないからと言って諦めていた海外旅行を気軽に出来るようになったり

・好きな事の専門性を高めるために英語を勉強したり

・夢だった留学や海外生活を現実的に考えてみたり

今までより知見を広め、より人生の充実度を上げられるようなサポートが出来ればと思うようになりました。この考えに至った背景は、間違いなくイギリス旅行での悔しさとその後の留学の挑戦があります。

ブログでも今までの海外日誌をつけておりますので、もしよろしければご覧ください。

 

これから取り組んでいきたい事

上記の人生テーマに則り、帰国後は留学や語学教育関連の仕事をしていますが、今後はより”英語学習を通して人生の幅を広げていきたい”と思い、「English Learner Cafe」の運営を始めました。

これからの時代は好きな事を好きな仲間と一緒に共通目標を持って楽しむ時代。

ここでは私のように海外に一歩足を踏み入れて人生観が変わったり、今後英語学習を通して様々な挑戦をしたい方が集まって楽しく活動が出来ればと思います。

もしご興味がある方がいらっしゃればお気軽にお尋ね下さい。

下記のサイトでも定期的に呟いていますので、もしよろしければフォローをお願いいたします。

twitter 

note

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました